霊界日記

みずきの霊界日記です。死後の世界、霊界に関することに関する日記。死んだらどうなるか?自殺したらどうなるかについて記してあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地獄界の構造

 地獄界からみると、今我々がいる現世界は下層に属しますので、地獄界からは現世界を見通せますが。でも、現世界からは地獄界を見通せません。
よく地獄というと閻魔大王や鬼がいて、罪人を日々いじめていると思っている方が多いようですが。そうではありません。そもそも閻魔大王は、遥か上層の天国のほうにいて、閻魔大王からは地獄の様子を見ていますが。でも、地獄にいる人には閻魔大王は見えません。
 確かに、あちらこちらで殺戮やリンチがありますが。それをしているのは鬼ではなくその地獄に来た罪人たちです。そもそも地獄に来るのは悪いことをした極悪人ばかりなので、そういうならず者残酷な人間ばかりが集まる社会なので必然的に殺し合い、リンチがあるわけです。
 たとえば、ある地獄の様子をみてみましょう。そこは日本の戦国時代の世界です。
横暴な殿様がいて、人殺しを何のためらいをなくする残虐な武者が揃っています。そのため、いつも戦がおきて殺戮が繰り返されます。そして、従わないものは、拷問、リンチにかけます。生きたまま火にかけられるというのは日常茶飯事です。かつて実際の戦国時代でもありました。たとえば、大阪城落城の際には、武者が大阪の町になだれ込み、火をかける、女を犯す、男は首をはねるということで残酷な光景がそこにはありました。それがこの地獄では延々と続いています。そして恐ろしいのは地獄界では現世と異なり死なないということです。するとどうなるかというと、生きたまま火にかけられても死なないので延々と苦しみ悶え続けるのです。首をはねられても死なないので首が痛い痛いと思いつつもその苦痛が延々と続くということです。
 その地獄に住んでいる方が言っていました。「はじめはこの地獄は今までおいらがいた世界と同じかと思っていたらここでは死ねば楽になるということがない。苦痛を感じつついつまででも行き続けることの苦しさをわかった。早くここから出たい。」


おすすめ占いならここ


霊視鑑定(ここで鑑定をしています。
恋愛に強い占い師一覧(ここに登録をしています。)




スポンサーサイト
  1. 2012/06/20(水) 21:11:12|
  2. 死後の世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪霊のささやきとは | ホーム | 死後の世界の構造>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renaimizuki.blog.fc2.com/tb.php/5-b75befc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みずき

Author:みずき
スピリチュアルカウンセラー。不思議な能力があり、遠方にいる祖母の死の知らせをいち早く知らしめた経験がある。アカシックレコードにアクセスすることができ、二人の縁の深さ、恋愛相手の気持ち、心を読む能力がある。
人の背後にあるオーラも透視出来る。
鑑定ではあなたのオーラも把握して、最も良いアドバイスを心がけます。
特に恋愛関係での霊視能力は優れており二人の将来がどうなるかを予知するほか、特に秀逸なのは相手が自分のことをどう思っているのか相手の心を読むことが出来ることです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
死後の世界 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。